文房具日記

<スポンサーリンク>




こんばんはgonです。

私が愛用しているボールペン「ジェットストリームプライム3色ボールペン」。

ジェットストリームシリーズは、なめらかな書き心地、低い筆記抵抗ですらすらと紙の上をすべらせることができるので、その使いやすさには満足しています。

このジェットストリームボールペンですが、プライム以外のジェットストリームで使われているグリップ部分は、シリコンゴムが使用されているので、素材の性質上、長時間の使用により、手汗や脂、紫外線などで劣化するので、グリップ効果は使っていくうちに衰えてしまいます。また使用していくうちに、べたつき感も発生してしまいます。

この手触り感が苦手なので、4色+シャープペンが1本になった「ジェットストリーム4&1」は購入候補になっているんですが、躊躇していました。

ところが、この度シリコンゴム部分を交換することで、ジェットストリームプライム並みの質感と使い心地になるような製品を見つけました。

その名も「smart grip」。
これは素材であるアルミを削り出しにより作ったことで、従来のシリコンゴム素材のような劣化が発生しません。また、表面はローレット加工なので、握りやすさはもちろんのこと、ペンを手にした時の感じもグッドです。

カラーは、シルバー・ブラック・レッド・グレー・ブルーの全5色展開。
私は「シルバー」を購入してみました。

<開封前のsmart grip>

また、「ジェットストリーム4&1」は軸色グリーンとライトピンクの2色を購入してみました。

<グリーンとsmart grip>

<グリーンにsmart gripを装着>

<ライトピンクとsmart grip>

<ライトピンクにsmart gripを装着>

指を添えた時にしっかりフィットしてくれて、滑りづらい。手にした時のバランスが良い。削り出されたアルミの質感の高さから、お気に入りのジェットストリームプライムと比べても、遜色ないものになりました。

なお、この「smart grip」には、同じ素材でつくったアジャスターリングが付属しているので、このリングを取り外すことで「フリクションボール」多機能ペンにも対応します。
私は「フリクションボール」は使用しませんが、フリクションボールを使用する方にとっても、お気に入りの1本に変身させることが出来るかも・・・

購入を考えた方は、amazon「SMART-GRIP ローレットタイプ シルバー」でどうぞ。

以上、gonでした。

文房具日記

<スポンサーリンク>




こんばんはgonです。

今使っている15mmリング径のシステム手帳ではリフィルが一杯になってきたので、システム手帳を購入しました。
いろいろと比較して購入したのがコチラ。
ファイロファクス(filofax)のロックウッド(lockwood)23mmリング径です。

到着後、しっかりした箱入りです。2018年のスケジュールリフィルがおまけです。

ふたを開けてみました。丁寧に包装してあります。

システム手帳を取り出しました。
黒い手帳と迷いましたが、主にプライベートで使用するつもりなので、茶色系を購入しました。

開くと中にリフィルが入っています。
残念だったのは、ペンホルダーがゴムバンド式だったこと。
買ってみるまでわかりませんでした。

付属のリフィルです。
todoリフィル、メモリフィルなどが入っていたので、すぐに使用することができます。
ただ、私の場合使用するリフィルは「無地リフィル」と「方眼リフィル」をメインに使用するつもりなので、付属のリフィルはとりあえず外して保管です。

ペンホルダーは残念でしたが、全体としては満足しています。
これから長い付き合いにあると思います。

以上、gonでした。

文房具日記

<スポンサーリンク>




こんばんはgonです。

自分が愛用しているボールペン「スタイルフィット」ですが、ペンホルダーは単色ホルダーと3色ホルダー、そして5色ホルダーがあるのですが、4色ホルダーがなく残念な思いをしていました。

自分は黒、赤、青のボールペンにシャープペンリフィルの組み合わせが使いやすいと感じていましたが、スタイルフィットの書きやすいボールペンホルダーに4色はなかったのです。

しかしこの度、4軸モデルが発売されたので、早速購入してみました。
3色ホルダーとほとんど変わりがありませんが、先端部分が少し太さを絞ってあるので、書きやすく感じます。

先端部分を拡大してみました。

これで、ボールペンとシャープペンの1本持ちができますね。
以上、gonでした。